個人情報を含む電子メールの誤送信について

2017-04-12

                          平成29年4月13日
賛助会員のみなさま
                         公益財団法人 大阪観光局
                            

         個人情報を含む電子メールの誤送信について

大阪観光局において、以下のとおり個人情報を含む情報の誤送信があったことが判明しました。
このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に努めてまいります。

1.個人情報の内容
大阪観光局では、賛助会員にとって有益なプロモーション情報がある場合は、随時メール等でお知らせしています。
本件事案は、海外での旅行博覧会に関する情報をメールで発信した際、本来はあて先をブラインド状態にして送信すべきところを、他の会員にもアドレスが見える状態で送信したものです。

2.事案発生の経緯
 ・平成29年4月10日(月)9時20分頃から、賛助会員543団体(者)に対し、約50件ずつ、13回に分けて当該メールを送信。
・平成29年4月12日(水)9時頃、当該メールを受け取った会員の1社からメールアドレスが表示されている旨の連絡を受け、本件が発覚。
・平成29年4月12日(水)9時以降、事案連絡者にお詫び文を送信するとともに、誤送信した543団体(者)に対して当該メールの削除を依頼。併せて、電話によりお詫びを行っています。

3.問題点
  個人情報を含む情報を電子メールで取り扱う際に、通常は上司等所属部員が送信画面の確認を行うなどのダブルチェックを行うが、その事前チェックが不十分なまま送信してしまった。

4.今後の対応(再発防止策)について
再発を防止するための方策として、本件のような個人情報を含む情報の発信については、送信前に必ず、上司等所属部員によるダブルチェックを行なうことを周知・徹底するとともに、局内での情報の共有を行いました。
また、個人情報の保護に関する職員研修を実施するなど、今後とも引き続き防止策の充実に努めます。

※大阪観光局賛助会員
 ・平成29年3月末で665団体(者)。
今回はそのうちプロモーション情報を希望する543団体(者)の担当者にメールを送信しました。

【代表連絡先】
公益財団法人 大阪観光局 
経営管理部 広報担当 中島、木村
電話:06-6282-5914