大大阪時代に咲いたレトロモダンな着物たち
~北前船(きたまえぶね)船主・大家(おおいえ)家のファッション図鑑~ 0

華やかで大胆な柄、洗練された幾何学模様、斬新な色使いに、大正ロマン・昭和モダン時代の雰囲気を感じることができます。

  • 25d52f8c-b738-11e9-8e1e-0af0cba29dd8.jpeg
  • 24df9356-b738-11e9-9f46-0af0cba29dd8.jpeg
  • 25276ece-b738-11e9-9a04-06326e701dd4.jpeg
  • 255d6272-b738-11e9-8a43-06326e701dd4.jpeg

江戸時代後期から昭和戦前期まで、北前船の船主として(明治中期以降は、汽船会社を経営)繁栄した、大家七兵衛家には、代々引き継がれてきた、大正・昭和期の着物が数多く残されています。
船主ならではのイベント、進水式で着用された振袖をはじめ、留袖や訪問着などの礼装、小紋のおしゃれ着、銘仙の普段着、子供用の晴れ着など、さまざまな着物が展示されます。
華やかで大胆な柄、洗練された幾何学模様、斬新な色使いに、大正ロマン・昭和モダン時代の雰囲気を感じることができます。

  • 開催地

    大阪くらしの今昔館
    企画展示室
  • 住所

    大阪市北区天神橋6-4-20
  • スケジュール

    2019年7月24日(水)~9月1日(日)
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※火曜休館
  • 料金

    入館料(企画展のみ)300円
    常設展+企画展800円
    大高生500円
  • 連絡先

    大阪くらしの今昔館
  • 電話番号

    06-6242-1170
  • URL



あなたが好きかもしれない