舞洲陶芸館 0

大阪湾の海底粘土から生まれた難波津焼を伝える施設。初心者からプロまで集う多彩な作陶工房。

  • 26182b4c-04c0-11e8-b3b7-06326e701dd4.jpeg
  • 26328a00-04c0-11e8-93d7-06326e701dd4.jpeg
  • 2662ec72-04c0-11e8-b3ed-06326e701dd4.jpeg
  • a7eb2e78-9abe-11e8-8d5e-0af0cba29dd8.jpeg
  • 2689d7b0-04c0-11e8-957e-06326e701dd4.jpeg
  • 2673b70a-04c0-11e8-9602-06326e701dd4.jpeg
  • a7bfb75c-9abe-11e8-a0cd-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    10:00~18:00
  • 休日

    月、金曜日、年末年始
    ※祝日は営業。
    ※舞洲ゆり園期間中は無休で営業しております。

大阪は古くは「難波」と呼ばれ、日本の焼き物の原点である「須恵器」の誕生地として知られている。そこで、大阪の人工島に平成10年にオープンしたのが舞洲陶芸館。関西空港の建設工事で不要になった大量の海底粘土で創る「難波津焼」の技術を幅広く紹介し、伝えている。本館棟には電動ろくろや手動ろくろを備えた実習室をはじめ、粘土を創る粘土生成室、釉薬室、展示室、登り窯や穴窯などを完備。電動ろくろや手びねりの作陶や絵付けを気軽に体験できる体験工房をはじめ、初心者を対象とした3ヵ月間の「一般工房」、中級者以上の「中級工房」や「研究科工房」、プロの陶芸作家も学んでいる「難波津工房」など様々な製作コースがあり、目的別に体験できる。館内にある「カフェ舞土」では、オリジナルの陶器でドリンクや軽食、スイーツなども楽しめる。

  • 住所

    〒 554-0042 大阪市此花区北港緑地2-2-98
  • アクセス

    ●JR環状線、西九条駅下車、市営バスに乗換え、81系統 舞洲スポーツアイランド行
    西九条からバス(35分)
    ●JR環状線、西九条駅で
    JR桜島線(夢咲線)へ乗換え、桜島駅下車、アクティブバスに乗換え
    桜島駅からバス(15分)
  • 電話番号

    06-6463-7282
  • Fax

    06-6463-7283
  • URL