男神社 0

男神社の歴史は紀元前まで遡り、別名は「おたけびの宮」と呼ばれています。

  • 69fee590-1c75-11e8-9a98-06326e701dd4.jpeg

男神社(おのじんじゃ)の歴史は紀元前まで遡り、別名は「おたけびの宮」と呼ばれています。五瀬命(いつせのみこと)と神武天皇の霊を浜宮の地に祀ったのがはじまりとされています。その後、859年(貞観元年)、現在の地に遷在されました。社は旧延喜式内社で、近くの双子池を中心とする一帯は男里遺跡があり、かなり広い範囲に人が住みついたと考えられます。浜宮は現在、男神社の摂社となっています。

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル