吾彦山大聖観音寺(あびこ観音) 0

百済の王から贈られた観音像を祀る古刹です。節分会には厄除開運を願う多くの人がお参りに来られます。

  • e239570e-04c2-11e8-9f4d-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    4月~10月 7:00~17:00
    11月~3月 7:30~17:00
  • 休日

    無休

吾彦山大聖観音寺(あびこさんだいしょうかんのんじ)・通称あびこ観音は、日本最古の観世音菩薩の寺院です。その昔、この地に住んでいた依網吾彦(よさみのあびこ)の一族が、百済の聖明王から身の丈一寸八分(約8cm)の観音像を贈られ、欽明天皇7年(546)に寺を創建しました。その後、聖徳太子が観音菩薩のお告げを受け、吾彦山観音寺が建てられたと伝えられています。江戸時代には境内に36の支院があるほど隆盛をきわめましたが、明治14年(1881)の火災で多くの寺宝と共に焼失しました。その後、明治23年(1890)に再建されます。毎年2月3日の「節分厄除大法会」には「聖観音」が開帳され、厄除開運・無病息災・諸願成就を祈る人々で賑わいます。

  • 住所

    〒 558-0014 大阪市住吉区我孫子4-1-20
  • アクセス

    JR阪和線「我孫子町駅」 南東へ徒歩10分
    Osaka Metro御堂筋線「あびこ駅」 徒歩5分
  • 電話番号

    06-6691-3578
  • URL