茶臼山(天王寺公園) 0

大坂冬の陣・夏の陣で、豊臣家と徳川家による合戦の舞台となった。標高26mで、大阪五低山の一つとされている。

  • e801d836-04be-11e8-beb4-06326e701dd4.jpeg
  • e80dd0a0-04be-11e8-b653-06326e701dd4.jpeg
  • e81c900e-04be-11e8-838a-06326e701dd4.jpeg
  • 開園時間

    07:00~22:00
  • 休日

    なし

四天王寺の南西にそびえる茶臼山は、大坂冬の陣では徳川家康、夏の陣では豊臣方の真田幸村の本陣として、「茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)」の舞台として知られており、山頂には大坂の陣を模した史料や地図、石碑などが設置されている。また、周囲一帯は天王寺公園となっており、山裾には河底池(かわぞこいけ)があるが、これは788年(延暦7年)に和気清麻呂が、大和川や河内湖の排水と水運のために開削した跡地とも言われ、公園と茶白山を結ぶ和気橋(わけばし)で池を渡ることができる。