茶臼山(天王寺公園) 0

大阪冬の陣・夏の陣で合戦の舞台となった。5世紀ごろの古墳であると言われているが、現在は疑問視されている。

  • e801d836-04be-11e8-beb4-06326e701dd4.jpeg
  • e80dd0a0-04be-11e8-b653-06326e701dd4.jpeg
  • e81c900e-04be-11e8-838a-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    07:00~22:00
  • 休日

    無休

四天王寺の南西に立つ茶臼山は、5世紀ごろの全長200m近い前方後円形古墳であるという説がなされている。しかし1986年の発掘調査結果によると、古墳に欠かせない葺(ふ)き石や埴輪(はにわ)が全く見つからなかった。一方、規則正しい作られ方をしている盛り土は、堺市の大塚山古墳や御勝山古墳にも共通していることから、茶臼山が古墳丘ではないとも断定できず、専門家の間で議論が繰り広げられ、結論が出されていないのが現状だ。大阪冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となり、大阪夏の陣では真田幸村の本陣となって「茶臼山の戦い」の舞台となったことはよく知られる。