o01-1.jpg


大阪といえば、たこ焼き・お笑い・ショッピングに夜のネオン・・・でも大阪にも、親子で1日遊べる緑豊かなエリアがあるのをご存知ですか?大阪の中心部から電車で約30分の箕面(みのお)には迫力の渓谷や滝を眺めながらの公園散策など、子ども連れの旅行にぴったりの楽しいスポットが盛りだくさん。都会のにぎわいと豊かな自然、両方楽しめる大阪で、大人も子どももめいっぱい楽しんでください。

スタート:阪急電鉄大阪梅田駅
宝塚線・箕面線乗車、箕面駅下車

  • 徒歩約8分

p03-1.jpg

1. café & galleryゆずりは

公園の入口・一の橋から少し歩いたところに佇むカフェ。滝に向かう途中に寄っても、滝の帰りに寄っても。「ミシュランガイド京都・大阪2010」で一つ星を獲得した日本料理の名店『一汁二菜うえの』の系列のカフェとあり、素材にこだわって丁寧につくられたケーキや、自家製アイスクリームと旬のフルーツをつめこんだパフェ、もちもち白玉が美味しい抹茶あんみつなど、どれも絶品。厳選した豆と天然水で淹れたコーヒーは、香ばしいゴマのクッキー付き。こだわりのおしゃれな器やお皿などは、併設のギャラリーでも買うことができます。瀧道散策の合間に、ゆっくりほっこり。料亭の板前さんがつくるランチ(1,944円)は数量限定、予約不可です。


 11:00~日没 定休日 月曜
箕面市箕面公園2-5
(072)745-202
外部サイト  

  • 徒歩約10分

p03-1.jpg

2. 箕面公園昆虫館

公園の入口・一の橋から徒歩10分。昆虫の宝庫としても知られる自然豊かな箕面公園内にある昆虫館は、子どもたちに人気のスポット。箕面の森に生息する昆虫から外国産の昆虫まで、様々な手法で楽しく紹介。子どもに圧倒的人気を誇るヘラクレスオオカブトなどの生体展示や、音やにおいで昆虫の生態を学べる装置、触れる模型など、工夫がたっぷり。また、ガラス張りの明るい放蝶園は、色とりどりの蝶たちが目の前でふわふわと飛び交う姿を年中見ることができる、まさに蝶の楽園。小さな花にとまる可憐な蝶に、時間も忘れて見入ってしまいそう。不思議な生き物・昆虫を知れば知るほど、謎めいたその生態に夢中になること間違いなし。


 10:00~17:00(最終入館は16:30迄)  定休日 火曜(火曜祝日の場合、翌日) 
箕面市箕面公園2-5
(072)721-7967
大人280円、中学生以下無料
外部サイト 

  • 徒歩約40分

p03-1.jpg

3. 大阪府営箕面公園

さて約2キロ先の箕面滝を目指しましょう。渓流に沿って続く道は舗装されているので、歩きやすく安全。空に向かって背高く茂る木々が自然のトンネルを作り、葉と葉のあいだからキラキラと降り注ぐ木漏れ日。ゆるやかな上り坂の途中には、ひと息つくことができる休憩所や道にせり出す大きな岩、山間に建つ瀧安寺や懐かしい雰囲気たっぷりの茶店などがあり、飽きません。静寂に包まれた山の中、ごうごうと響く渓流の水音だけをききながらゆるやかに続く山道を登りきると、やがて目の前に現れる大きな滝。正面に腰をおろしてその美しい景色をただひたすら眺めれば、1時間弱歩いた足の疲れがじんわりほどけていくようです。


(072)721-3014
外部サイト 

  • 徒歩約50分

p03-1.jpg

4. 箕面温泉

箕面公園を満喫したら、瀧道を戻り再び駅の方へ。箕面山の斜面にせり出すように建つコンクリート打ちっ放しのダイナミックな建物が、1951年開業の箕面観光ホテル。展望エレベーターで一気に上り、眺めの良い空中回廊を通り抜けてホテルに到着すれば、きらびやかな和風の内装が、何だか懐かしい雰囲気。坂倉準三建築研究所設計の大規模モダニズム建築ということで、最近は建築物としても注目を浴びているそうです。ここのおすすめは、何といっても立地を生かした露天風呂。箕面山から見下ろす絶景は、夜になるとより美しくロマンチックに。1日遊んで疲れた体を、自然たっぷりのお湯で癒して。ホテルの他にも、スパ・ボウリング場・プール(夏季のみ)併設。ホテルの露天風呂など浴場施設は、宿泊のほか、日帰りプラン利用の場合も利用可(バスタオルなど準備不要)。スパーガーデンの浴場施設は固形石けんのみ有り、バスタオル・シャンプー・リンスなどは販売。


 (平日10:00~17:00)大人<中学生以上> 1,580円・小学生 980円・幼児 580円、(17:00~23:00*最終入場)大人770円
※週末料金あり ※別途入湯税・消費税がかかります。 
0570-041266


追加情報

お土産 :阪急箕面駅から瀧道へ続く道に並ぶお土産物屋さんの店先では、そろって「もみじの天ぷら」が揚げられていて、とても良い香り。『かりんとう』にも似た風情のある味、ぜひ試してみて。  

>