あべのハルカス美術館
ポーラ美術館コレクション展0

モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで、 日本屈指の西洋絵画コレクションが登場します!

  • 95cfdbac-cd8e-11eb-8213-06326e701dd4.jpeg
  • f2556c6c-d940-11eb-adfc-0af0cba29dd8.jpeg
  • f28f1bd8-d940-11eb-b7fd-06326e701dd4.jpeg
  • 39b5a4b4-d941-11eb-8153-06326e701dd4.jpeg
  • ff5b2008-d942-11eb-b2b5-0af0cba29dd8.jpeg

2002年9月、箱根・仙石原に開館したポーラ美術館のコレクションは、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、彫刻、東洋陶磁、日本の近現代陶芸、ガラス工芸、化粧道具など多岐にわたり、総数は約1万点におよびます。その核となる西洋絵画のコレクションは、 19世紀フランス印象派の絵画から、ポスト印象派を経て20世紀絵画にいたる、西洋の近代美術の展開を体系的にたどる国内でも屈指のコレクションとなります。

本展では、モネ、ルノワールやピカソ、シャガールなど、特に人気の高いフランスで活動した画家28名による、印象派からエコール・ド・パリの絵画74点に、アール・ヌーヴォーとアール・デコ の化粧道具12件を合わせた総数86件の作品が展示されます。
時代を映すファッショナブルな「女性像」、近代化によって大きく変貌する「パリ」、画家たちが旅先で出あった風景や南仏など重要な制作地をめぐる「旅」という全体に通底する3つのテーマが設けられ、フランスを舞台に 活躍した画家たちに受け継がれる美意識が浮き彫りにされます。

【ポーラ美術館コレクション展】
2006年より全国各地へ巡回し好評を博している巡回展。2021年夏、同展としては7回目、大阪では初の巡回展があべのハルカス美術館で開催となります。

※イベントの開催内容は変更になる場合があります。最新の情報は各イベントの公式サイトでご確認ください。

あべのハルカス美術館公式サイト:https://www.aham.jp/


  • 開催地

    あべのハルカス美術館
  • 住所

    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
    あべのハルカス16階
  • スケジュール

    2021年7月9日(金)~ 9月5日(日)
    火~金 / 10:00~20:00
    月土日祝 / 10:00~18:00
    ※入館は閉館30分前まで
    ※休館日2021年7月12日(月)、19日(月)、26日(月)
    ※開催状況の詳細は公式サイトでご確認ください。
  • 料金

    一般  1,500円(1,300円)
    大高生 1,100円(900円)
    中小生  500円(300円)
    ※(   )内は前売・団体料金。
    ※団体は15名以上。
    ※前売券は7月8日(木)まで販売。
    ※障がい者手帳をお持ちの方は美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添いの方1名まで当日料金の半額。
    ※チケット販売の詳細は公式サイトでご確認ください。
  • 連絡先

    あべのハルカス美術館
  • 電話番号

    06-4399-9050
  • URL