あべのハルカス美術館
tupera tupera のかおてん.0

みんなで遊べる展覧会!! 「心とか身体が動くような展覧会にしたいなと思って企画しました - tupera tupera (ツペラ・ツペラ )」

  • 0ebcdd76-0bb0-11ec-8066-0af0cba29dd8.jpeg
  • a383b3fc-110b-11ec-9dca-06326e701dd4.jpeg
  • a3daa0fe-110b-11ec-a414-0af0cba29dd8.jpeg
  • a419092a-110b-11ec-b97c-06326e701dd4.jpeg

絵本を中心に活躍中の人気クリエイティブ・ ユニット tupera tupera (ツペラ・ツペラ )の展覧会が、ついに大阪へやってきます 。 切り紙をコラージュして作られる画面は 、まさに想像力のワークブック 。 目を引く デザインと多彩な色使い 、 遊び心ある言葉選びは 、二人の繊細な手仕事とアイディアのキャッチボールから生み出されます 。
本展では、tupera tupera にとってアイディアとユーモアの源泉ともいえる「顔」をテーマに、『 かおノート 』『 こわめっこしましょ 』 など顔にちなんだ絵本の原画をはじめ、新作映像、謎の「床田愉男」に新しい大型の立体作品まで、さまざまな表現の作品が顔を揃えます。顔、顔、顔、顔、顔。会場は、いろんな「かお」でいっぱい。大人から子供まで、めくるめく楽しい「かお」だらけの世界へようこそ!

【tupera tupera - ツペラ ツペラ】
亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストレーションをはじめ 、工作、ワークショップ、アートディレクションなど 、様々な分野で幅広く活動中 。絵本に 『 しろくまのパンツ 』(ブロンズ新社) 『 パンダ銭湯 』 (絵本館) 『 かおノート 』(コクヨ) など著作多数。海外でも各国で翻訳出版されている 。NHK Eテレの工作番組 「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションを担当。 2019年に第 1 回やなせたかし文化賞大賞を受賞。大阪樟蔭女子大学客員教授、武蔵野美術大学油絵学科版画専攻客員教授。

※イベントの開催内容は変更になる場合があります。最新の情報は各イベントの公式サイトでご確認ください。

あべのハルカス美術館公式サイト:https://www.aham.jp/


  • 開催地

    あべのハルカス美術館
  • 住所

    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
    あべのハルカス16階
  • スケジュール

    2021年9月17日(金)~11月7日(日)
    火~金 / 10:00 ~ 20:00
    月土日祝 / 10:00 ~ 18:00
    ※入館は閉館30分前まで
    ※本展会期中無休
    ※開催状況の詳細は公式サイトでご確認ください。
  • 料金

    一般  当日 1,500 円(1,300 円)
    大高生 当日 1,100 円(900 円)
    子供(中学生~3歳) 当日 500 円(300 円)
    ※3 歳未満 無料
    ※(   )内は団体料金。※団体は15名様以上。
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添いの方1名様まで当日料金の半額。
    ※チケット販売の詳細は公式サイトでご確認ください。
  • 連絡先

    あべのハルカス美術館
  • 電話番号

    06-4399-9050
  • URL