博覧会の世紀1851-1970
~日本人を魅了した世界の祭典~ 0

  • flyerpavilion.jpg
  • pavilion2.jpg

博覧会の歴史は1851年のロンドン万博に遡り、その後欧米各国で開催されるようになります。

日本でも明治以降、多種多様な博覧会が開催されてきましたが、博覧会の内容や展示手法は進化し、開催目的や性格は時代ごとに大きく変化してきました。
つまり、博覧会とはその時代の「社会的な要求」や「世相」を映す鏡であったともいえるのです。

この企画展では19世紀から20世紀の博覧会を俯瞰し、変化する人々の価値観や他者へのまなざしを読み解くとともに、大阪を会場とした博覧会に焦点を当て、大阪の人々の生活スタイルや娯楽、都市文化が紹介されます。

※イベント開催は変更になる可能性があります。詳しくは各イベントの公式ホームページでご確認ください。

  • 開催地

    大阪くらしの今昔館
    企画展示室
  • 住所

    大阪市北区天神橋6-4-20
  • スケジュール

    2021年2月20日(土)~2021年4月4日(日)
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※火曜休館 (火曜日 2月23日開館)
  • 料金

    企画展のみ300円
    常設展+企画展 一般800円(団体700円)
    高・大生500円(団体400円) 要学生証原本提示
    ※年間パスポート、大阪周遊パスで入場可
    ※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明書原本提示)
  • 連絡先

    大阪くらしの今昔館
  • 電話番号

    06-6242-1170
  • URL