造幣局 桜の通り抜け 0

大阪の春を代表する風景。造幣局内の約560mにおよぶ沿道いっぱいに咲き誇る桜が、美しいピンクのトンネルを作る。夜はぼんぼりなどでライトアップも。

  • 16710402-12e4-11e8-8099-06326e701dd4.jpeg
  • 16803c88-12e4-11e8-8e4a-06326e701dd4.jpeg
  • a2e026c0-25d1-11e8-b7ad-0af0cba29dd8.jpeg
  • a2f85aa6-25d1-11e8-9416-06326e701dd4.jpeg

大阪春の風物詩の代表、造幣局さくらの通り抜けがいよいよはじまります。造幣局では、通り抜けの桜に親しみを持っていただくため、数多くの桜の品種の134種338本から一種を「今年の花」として選び毎年ご紹介。
2019年は「紅手毬(べにてまり)」です。「紅手毬」は、多数の花が枝の先に密生して咲き、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられました。
また、今年の通り抜けには、東京荒川堤にあった「御座の間匂(ござのまにおい)」が新たに登場します。 

※毎年お連れ様同士がはぐれてしまう、いわゆる迷子が多発しています。お子様をお連れの場合は、必ず手を繋ぎ、目を離さないようお願いします。

  • 開催地

    造幣局
  • 住所

    大阪市北区天満1-1-79
  • スケジュール

    ※2019年の開催は終了しました。

    2019年4月9日(火)~15日(月)
    平日 10:00~21:00
    土日 9:00~21:00
  • 料金

    観覧無料
  • 連絡先

    ハローダイヤル (8:00~21:00)
  • 電話番号

    050-5548-8686
  • URL