住吉祭 0

大阪の夏祭りの締めくくりは、住吉大社。大きな茅の輪をくぐることで、身の穢れを祓い、無病息災を願います。

  • b972e82a-6495-11e8-959e-0af0cba29dd8.jpeg
  • b87e8a64-6495-11e8-8d16-0af0cba29dd8.jpeg
  • b96ee9fa-6495-11e8-8043-06326e701dd4.jpeg
  • b87db7f6-6495-11e8-9874-06326e701dd4.jpeg
  • b87b1924-6495-11e8-8863-06326e701dd4.jpeg

大阪の夏祭りを締めくくる住吉祭は、大阪中をお祓いする「お清め」の意義があり、古くより「おはらい」ともいわれました。
7月の海の日に「神輿洗神事」、7月30日に「宵宮祭」、翌日「夏越祓神事・例大祭」、そして8月1日にはいよいよ、住吉大神の御神霊(おみたま)をお遷した神輿が行列を仕立て、堺の宿院頓宮までお渡りする「神輿渡御」が行われます。
動画は、こちらからご覧ください。