5c47b9ac-c31a-11e9-a3bf-06326e701dd4.jpeg

インド料理のカレーは、明治時代に日本に伝わり、独自に発展して“カレーライス”という洋食メニューの一つとして、愛されてきました。.カレーパンやドライカレー、カレーうどん、スープカレーなど、さまざまなバリエーションも続々登場。インドの人が食べたら驚くような、別の料理となった日本独自のカレーは、国民食と言っても過言でないほど親しまれています。

  なかでも大阪では、ほかの地域以上に多種多様なカレーが味わえると評判です。チェーン店もあれば、個人店も数多く、それぞれに工夫を凝らしたユニークなカレーを提供しています。 いま、大阪のカレーは、二つに大別されるようです。一つめは、明治43(1910)年にミナミに誕生した『自由軒』や昭和22(1947)年創業の『インデアンカレー』などを代表とする古参の店の“甘辛カレー”。始めはフルーティーで甘く、やがてじわじわと辛さが押し寄せてくるのが特長です。数々の文学作品にも登場した大阪ご当地カレーです。 




5ca9c50c-c31a-11e9-b134-0af0cba29dd8.jpeg

二つめは、近年大きなムーブメントを起こしている“スパイスカレー”。小麦粉を使わないさらりとしたタイプで、スパイスの風味が前面に出ています。

大阪食文化の“だし”をベースにしたものや、“あいがけ”と言う2種や3種のカレーの共演を楽しめるものなど、アレンジし放題。大阪らしい自由な発想から生まれたスパイスカレーは東京にも進出して注目を集めています。 もともと、カレー粉の国産第1号が生まれたのも大阪。また初のレトルトカレーも大阪発祥の企業が開発しました。






大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき

>