844a478c-c304-11e9-b71a-06326e701dd4.jpeg

大阪は、「天下の台所」といわれるだけあり、全国の優秀な食品が集められた。出汁を引くための材料の歴史も数百年に及ぶ。その基本は北海道の昆布と土佐の鰹節。また、大阪湾や瀬戸内海で片口鰯が豊富に取れ、新鮮な鰯で作った煮干しが安価で手に入ったことも大きい。




84aa2486-c304-11e9-99f0-0af0cba29dd8.jpeg

昆布の旨み成分と鰹節、煮干しの旨み成分がうまく調和して深い「旨み」がうまれる。昆布の力で1足す1が3にも4にもなる。煮干しで出汁を取るときも、煮干しだけではなく昆布とともに使うと、より旨い出汁がとれる。




84aa2486-c304-11e9-99f0-0af0cba29dd8.jpeg





伝統と歴史が「うまい!」を生み出す


うどん(うどんすき)

紙なべ



大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき