g02-1.jpg


料理の命は素材。泉州には水茄子や玉葱、里芋の名産地だった。河内では千両茄子、紅ずいき、空豆、石川子芋、海老芋など。

昭和初期にはセロリや芽キャベツ、カリフラワー、レッドキャベツなどの洋野菜を作り、東京にも出荷していた。 

関西各地には「日本食文化の原点」とも言える古くからの「食材や伝統料理」が今も数多く、大阪に起源を持つ代表的な食材(野菜)といえば「なにわの伝統野菜」。

 大阪の土地で育まれた伝統野菜は毛馬胡瓜、吹田慈姑、大阪しろな、勝間南瓜など18品目ある。



c704d3f0-c87f-11e9-8008-0af0cba29dd8.jpeg
c59e0838-c87f-11e9-b3d3-06326e701dd4.jpeg

大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき

なにわ伝統野菜