「食の都・大阪」魅力再発見イベントの様子(2019.10.15~17) 0

2019年10月15日(火) 河内鴨飼育生産農家(ツムラ本店)見学 / 松原市

大阪府松原市にある「ツムラ本店」はアヒルの飼育から食肉処理・加工・販売までを一貫して行なう。創業は明治初期。食用アヒルの飼育農家が淘汰されていくなか、関西に残る唯一の専門店といえる希少な存在。5代目の津村佳彦さんは「アヒルは“家鴨”と書くように、もともとは鴨を家禽に改良したもの。長い年月にわたって交配を繰り返し、品種改良されてきた」と話す。

アイガモに「合鴨」の字をあて、世間に広げたのは津村さんの曾祖父。鴨は元来、空を飛んで生息地を移動する鳥。そのため強い抗体をもち、病気になりにくい。「鶏みたいに抗生物質を投与しなくてもよいので、安心して食べてもらえる」と津村さん。さらに「無農薬飼料を与え、風通しの良い環境で平飼いする。昔ながらの方法が、結局は鳥を育てるにも安全な食肉を供給するにも最善の育て方」と津村さん。 

62902b94-f18e-11e9-8b4d-06326e701dd4.jpeg


6268e6ba-f18e-11e9-9188-06326e701dd4.jpeg

6330f736-f18e-11e9-8982-06326e701dd4.jpeg


62bf912c-f18e-11e9-92ae-06326e701dd4.jpeg


63004b0e-f18e-11e9-97b1-06326e701dd4.jpeg






画像:Ⓒ 食の都・大阪 デリシャス・ジャーニーズ 2019

大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき