g02-1.jpg

繊細で力強いジャパニーズウイスキーは、国内外で数々の賞を受賞し、今や世界でも認められる存在になっています。「サントリー山崎蒸溜所」は日本初のモルトウイスキー蒸溜所です。大正12(1923)年、ここで、サントリーホールディングズの創始者・鳥井信治郎によってジャパニーズウイスキーの歴史の幕が開けられました。山崎は、茶人・千利休が茶室を設けたほど古くから名水の地として有名で、宇治川、木津川、桂川の三つの川が合流する独特の地形は、適度に湿潤な気候を作り出しています。こうした良質な水と湿潤な環境は、ウイスキーづくりの理想郷ともいわれています。



「サントリー山崎蒸溜所」におけるウイスキーづくりの特長は、世界にも類を見ない多彩な原酒のつくり分けにあります。たとえば、発酵工程における木桶発酵槽とステンレス発酵槽の使い分け、蒸溜工程における大きさや形状の異なる蒸溜釜の使い分け、 貯蔵(熟成)工程における様々な樽の使い分けなど、仕込から発酵、蒸溜、そして貯蔵(熟成)に至るまでの全ての工程で 多彩な原酒のつくり分けが行われているのです。


g03-1.jpg

大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき

afb9dba8-cfb1-11e9-b12d-0af0cba29dd8.jpeg
サントリー山崎蒸溜所