大阪観光局ではこの秋、世界のシェフを招聘した、食の都・大阪ブランディング事業大阪文化芸術フェス共催事業「食の都・大阪」魅力再発見イベントを実施しました。世界的ガストロノミーネットワークであるルレ・エ・シャトーと連携し、世界のトップシェフを招聘したファムトリップ、大阪産食材をつかった料理の実演、トップシェフによるセミナー、トップシェフが作り出す大阪産(もん)を使った創作メニューなどを楽しむミライザ大阪城でのフィナーレ・ガラパーティなどを行い、食の都・大阪の食文化を世界へ発信しました。

実施期間:2019年10月15日(火)~17日(木)

24fef4c4-d058-11e9-9ecf-06326e701dd4.jpeg

「デリシャス・ジャーニーズ」が目指すもの

2013(平成25)年に「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。これを契機に「日本の食」「日本の食材」に対する関心が高まっています。訪日前の外国人観光客が期待することの1位が「日本食を食べること」*1、また外国人の好きな外国料理でも「日本料理」*2が1位に挙げられています。

  大阪は「天下の台所」と呼ばれ、「くいだおれ」の都として、たこ焼きやお好み焼きなどの粉ものから、割烹、料亭で饗される四季折々の日本料理、世界各国の料理まで、幅広く多様な食の魅力にあふれています。世界的な食の都としての認知度は高まっています。食は大阪にとって重要な観光資源でもあるのです。

  大阪観光局は、大阪・関西が有する食材や食文化、歴史に育まれたポテンシャルを活用した「ガストロノミー・ツーリズム」構想をさらに発展させ、「食の都・大阪」の世界発信に取り組みます。世界の様々なガストロノミーネットワークと連携。今回、ルレ・エ・シャトーとのパートナーシップのもとに行う「デリシャス・ジャーニーズ 2019」は、その最初の重要な一歩です。

*1 「訪日外国人消費動向調査」2018年、観光庁 *2 「日本食品に対する海外消費者アンケート調査」2014年日本貿易振興機構調査

71dd73de-09cd-11ea-b333-06326e701dd4.jpeg





Photos

                                                    

q21-1.jpg

ファムトリップ

2019年10月15日(火)

河内鴨生産農家

q21-2.jpg

ファムトリップ

2019年10月16日(水)

なにわ黒牛牧場

q21-3.jpg

ファムトリップ

2019年10月16日(水)

浪花酒造

q21-1.jpg

ファムトリップ

2019年10月16日(水)

春菊生産農家

q21-1.jpg

ファムトリップ

2019年10月16日(火)

堺打刃物鋏鍛冶

q21-2.jpg

ファムトリップ

2019年10月16日(水)

堺昆布製造販売

q21-3.jpg

食のサステナブルセミナー

2019年10月17日(木)

ハグミュージアム

q21-1.jpg

トップシェフの料理実演

2019年10月17日(木)

ハグミュージアム

q21-1.jpg

ガラパーティー

2019年10月17日(木)

MIRAIZA大阪城

q21-2.jpg

トップシェフによる

大阪産(もん)を使った料理

アペリティフメニュー


グランドフィナーレ ガラディナーメニュー

大阪産(もん)を使った料理

グランドフィナーレ 

ガラディナーメニュー


q21-1.jpg

大阪産(もん)を使った料理にご提供いただいた食材


Ⓒ食の都・大阪 デリシャス・ジャーニーズ 2019

大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき