4212b36a-c307-11e9-9dcd-06326e701dd4.jpeg

たこ焼きと並ぶ、大阪人のソウル・フードです。小麦粉をだしで溶くのも同じで、具はキャベツが必須、豚肉が人気、あとはお好み焼きの名の通り、好みのままに。

鉄板の上で丸く平たく生地を広げて焼き上げます。ソース、マヨネーズ、青海苔などをかけるのは、たこ焼きに影響を及ぼしたと言われています。起源には諸説あり、東京のもんじゃ焼きから、屋台のどんどん焼きへと派生し、近畿地方でソースを用いる一銭洋食へと発展したとか、鉄板で客が自分の好みに焼く風流な遊技料理から始まったなど、さまざまです。

現在のお好み焼きのスタイルが確立したのは戦後。

キャベツを入れてボリュームを出し、おやつから主食へと変わりました。山芋を生地に混ぜてふわっとした食感を作るのも大阪のお好み焼きの特長です。

専門店では、客に焼かせず、店主やスタッフなどが焼いて提供する店も多数あります。1970年の大阪万博を機に、大阪名物として全国的に知られるようになりました。今では、チーズやキムチ、餅など、さまざまな具材が選べるお店が増え、お好み焼きの楽しさが広がっています。

焼きそばとドッキングしたようなモダン焼きも人気です。もちろん、家庭でも定番の“おかず”として登場します。お好み焼きを、白ご飯のおかずにする、つまり炭水化物と炭水化物の組合せです。これには、大阪以外の地域の人がしばしば驚きます。コテを器用に操って、お好み焼きを上手にひっくり返すと、家族の間でヒーローになれます。


4241f206-c307-11e9-b975-06326e701dd4.jpeg

大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき

なにわのピンチョス


たこ焼き


>