c605c0a0-c315-11e9-a5ee-0af0cba29dd8.jpeg

大阪では、食べ物に“お”という敬称を付けることがよくあります。“食い倒れの町”と称される大阪では食べ物を大切にしてきたのです。うどんのことも“おうどん”と呼ばれます。大阪のおうどんは、軟らかい口当たりの麵と、それに優しく寄り添う昆布とカツオ節のだしとのハーモニーが魅力です。

そして、明治時代に大阪・船場で生まれた、“きつね”と呼ぶ、甘辛くふっくらと煮た揚げとの三位一体の味わいは、不滅の定番人気メニューです。シンプルなだけに誤魔化しが効かず、安価なだけに庶民の厳しい評価にさらされて、各店が凌ぎを削ってきました。 

c59518d2-c315-11e9-ab27-06326e701dd4.jpeg

このうどんを、さまざまな具材と煮ながら食べる鍋料理「うどんすき」も大阪の郷土料理の一つです。うす味のだしで炊き、野菜や魚介、肉類から出た旨みで味わいを増しただしとうどんが主役です。

また近年、全国的に人気を博している四国は香川県の郷土の味・讃岐うどんのコシの強い麵と大阪のだしを合わせた“大阪讃岐”と呼ばれるうどんが登場。本来、ブリンとした弾力と滑らかな歯触り、爽快な喉越しの麵を楽しむ讃岐うどんと、だしとの相性がポイントとも言える汁物の具のような立ち位置の大阪うどんは、まったく別物でしたが、讃岐由来の麵と大阪流のだしを見事に融合させた専門店が続々と生まれ、一潮流を形作っています。 

大阪、大阪観光、大阪旅行、大阪 食、大阪 食文化、大阪 食べるべき、大阪 おいしい、大阪 行くべき

伝統と歴史が「うまい!」を生み出す


なにわの味 だし


>