江崎記念館 0

菓子メーカー「江崎グリコ」の記念博物館。グリコの歴史や歴代商品、懐かしいおまけのおもちゃ、創業者・江崎利一氏ゆかりなどについての展示が並ぶ。

  • 9f12c82c-0b0a-11e8-a8f5-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    利用時間  月曜~金曜日 10:00~16:00(最終入館15:30) ※要事前予約
    第1.第3土曜日 10:00~16:00(最終入館15:30)※団体(10名以上)以外予約不要
    ・見学方法は、自由見学です。
    ・工場見学はございません。
    ・施設にはエレベーターはございません。
  • 休日

    第1・第3土曜日以外の土曜日
    1月・5月の第1土曜日/8月の第3土曜日
    日曜・祝日・お盆休み・年末年始

赤い箱とゴールインマークを商標として出発した世界的にも有名な菓子メーカー「江崎グリコ」の記念博物館。大正11年(1921)、江崎利一によって創立された江崎グリコは、有明海の漁師らが捨てていたカキの煮汁に含まれる栄養価の高いグリコーゲンをキャラメル製造に用いてその美味しさが評判になったことが原点。その後は、ビスコ、プリッツ、ポッキーなど日本はもちろん、アジアやヨーロッパ各国でも親しまれる様々な菓子を製造した。現在は大阪市西淀川区に本社を置き、菓子のほかにも冷菓、食品、健康食品、乳製品、食品原料、新素材などの分野で企業活動をおこなっている。本社の敷地内にある江崎記念館では、江崎グリコのそんな歴史をはじめ、数々の商品のパッケージやこれまでの広告・キャンペーン、グリコのおもちゃの数々、そして創業者・江崎利一氏について展示・紹介されている。懐かしいおもちゃにも出会えるかも。