浜寺公園ばら庭園 0

大阪最古の府営公園のひとつ。300種類、6,500株のばら庭園には珍しい日本の自生種も咲く。

  • dea89578-7420-11e8-8c39-0af0cba29dd8.jpeg
  • de8f6da0-7420-11e8-94fe-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    10:00~17:00(入園は16:00まで)
  • 休日

    火曜日(祝日の場合は翌日)

南海電鉄「浜寺公園」駅または阪堺電気軌道「浜寺駅前」駅を降りて徒歩すぐ。浜寺公園は明治6年(1873)につくられた大阪最古の府営公園のひとつ。広大な園内には約5000本の松が繁り、日本の名松100選(社団法人・日本の松の緑を守る会選定)に選ばれている。敷地約2.5haのばら庭園は、大阪府の「花ふる大阪事業」として平成5年(1993)に完成したもので、和風の回遊式庭園に見立てた「湖沼・水路の景」「里の景」「山間の景」など5つのゾーンと遊歩道、ヨーロッパの庭園を思わせる「まちの景」などが広がる味わいあるつくり。日本に昔から自生するノイバラやツクシイバラ、ハマナスをはじめ、約300種6,500株のバラが春から初冬まで咲き誇る。例年3月から12月まで開園。入園無料。春、秋の見頃シーズンのみ。ボランティアグループ「バラ庭園案内俱楽部」によるバラのガイドツアーなどもある。



あなたが好きかもしれない