火走神社 0

祭神は軻遇突智神(かぐつちのかみ)で、火や水を司る神といわれています。その昔、神職が燃える火の上を走る祭事があったといい、社名もここから起こったとされています。

  • a701dd32-16e2-11e8-964d-0af0cba29dd8.jpeg

春日造の三殿が並ぶ中央が本殿で、1622年(元和8年)に建立され、現在は泉佐野市指定文化財に登録されています。この本殿の左側にある一間社春日造の社殿は幸社です。直接に建立年代を確定できるものではありませんが、様式や手法から室町時代の建物といわれています。この幸社は1993年(平成5年)5月に国の重要文化財に指定されました。祭神は軻遇突智神(かぐつちのかみ)で、この神様は火や水を司る神といわれ、その昔、神職が燃える火の上を走る祭事があったといい、社名もここから起こったとされています。

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル