弘川寺 0

葛城山麓にたたずむ役小角が開創したと伝えられる古刹です。西行法師終焉の地として知られ、境内に西行墳や本坊内に西行記念館があります。

  • de3b317c-04c2-11e8-a253-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    本坊庭園、西行記念館は10:00~17:00
  • 休日

    無し
    ※但し、西行記念館開館期間は春季4/1~5/10、秋季10/20~11/30

「願はくは花のしたにて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」と詠んだ平安時代末期の歌人・西行がその歌の通り、桜の季節に生涯を閉じた地として知られています。葛城山の麓にあり、寺の周辺は桜の名所として知られ、天智天皇4年(665)役小角が開創、天平9年(737)行基が修行し、弘仁3年(812)空海が伽藍を一新したと伝えられています。畠山氏の兵火に遭い、一時は焦土と化しましたがその後、復興します。本堂その他の堂舎は再建され、現在に至ります。境内には西行の墳墓や西行堂、本坊の奥には、西行像や西行にまつわる絵画、書、資料などを集めた「西行記念館」があります。

  • 住所

    〒 585-0022 大阪府南河内郡河南町弘川43
  • アクセス

    近鉄長野線「富田林駅」より金剛バス③番のりば「河内」行に乗り、
    終点「河内」下車 約200m
  • 料金

    本坊庭園拝観と西行記念館入館 大人500円/小人200円
  • 所要時間

    約1時間
  • 電話番号

    0721-93-2814
  • Fax

    0721-68-6028
  • 各国語対応

  • URL

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル