瓢簞山稲荷神社 0

6世紀に造られた瓢箪山古墳(双円墳)に社殿が建てられており、稲荷神「保食大神」(うけもちのおおかみ)を祀る「辻占」(つじうら)の総本社です。

  • c8fc0dcc-04c2-11e8-9298-06326e701dd4.jpeg

6世紀に造られた"瓢箪山古墳"(双円墳)に社殿が建てられており、稲荷神「保食大神」(うけもちのおおかみ)を祀る「辻占」(つじうら)の総本社です。 天正11(1584)年に豊臣秀吉公が大坂城築城にあたり、巽(南東)の吉方三里の聖地に"ふくべ(ひょうたん)稲荷"を鎮護神として、金瓢と共に鎮め祀り、尊崇篤いです。 「辻占」は、古来から往来者の言動、持ち物などを宮司に告げ、宮司家伝の霊示により判断され、その方法は今も変わらずこれにより迷いを去り、招福繁栄の道を授かることができます。かつては堂島米相場の上下も辻占で占われていました。

  • 住所

    〒 579-8051 大阪府東大阪市瓢箪山町8-1
  • アクセス

    近鉄奈良線「瓢箪山駅」より南へ徒歩3分
  • 電話番号

    072-981-2153

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル