池田文庫 0

タカラヅカから歌舞伎や映画まで、文芸・演劇の資料の宝庫。

  • 営業時間

    10:00~17:00
  • 休日

    月曜・祝日(月曜が祝日が重なるときはその翌日も)・年末年始・その他図書整理の為、休館の場合あり

貴重な文芸・演劇関連の書籍・資料が収蔵された図書館。映画・演劇書はもちろん、役者絵・絵看板・番付などの歌舞伎関係資料を見に、遠方から専門家も訪れるという。とくに、7000枚を超える上方役者絵の所蔵は世界一といわれている。創設者は、阪急電鉄の創始者であり宝塚歌劇団の父である小林一三。もともとは宝塚にあった演劇資料室を池田に移して作ったもの。そのため、「タカラヅカ」ファン必見のポスターや歌劇台本も見ることができる。これらの演劇資料にあわせて、阪急電鉄の資料も多数。年に2度の企画展では、普段閲覧できないものが公開されている。

  • 住所

    〒 563-0058 大阪府池田市栄本町12-1
  • アクセス

    阪急宝塚線「池田駅」徒歩10分
  • 料金

    入館無料(但し、展示室観覧は有料)
    *中学生以上に限り入館可
    *館外貸出なし
    *指定の貴重図書・資料の閲覧は紹介要。事前予約必要
  • 電話番号

    072-751-3185
  • Fax

    072-751-3302
  • URL



あなたが好きかもしれない