今橋 0

東横堀川に架けられた、歴史ある橋。現在の橋も、照明灯や高欄は往年の姿を元にデザインされた。

    東横堀川に架けられ、『大坂の陣絵図』などに名前が登場することから豊臣時代より存在したといわれる、歴史ある橋。橋の西詰め付近は江戸時代中期から両替商が軒を並べ、金融の中心街として繁盛した。それに伴って京橋町の道筋に新たに橋が架け替えられたので「今ばし」と呼ばれたとか。当時は橋長75.8m/幅員5.5mという、町橋としては規模の大きいものだった。橋のたもとから尼崎方面への乗合船も出ていた。火災被害のため幾度も焼け落ちており、明治時代に木桁で鉄杭のものに架け換えられた後、大正13年(1924)には、橋長70.4m/幅員8.4mの3径間ゲルバー式鋼鈑桁を用い、照明灯や高欄に鋳鉄を使用した立派な橋となったが、戦時中には鋳鉄類は供出されたようだ。現在の橋は平成6年に架け替えられたものであるが、照明灯や高欄は往年の姿を元にデザインされた。

    • 住所

      〒 541-0041 大阪市中央区北浜1丁目~今橋1丁目~北浜東
    • アクセス

      京阪本線「北浜駅」より徒歩3分
    • 電話番号

      06-6615-6818(大阪市建設局道路部橋梁担当)
    • Fax

      06-6615-6582
    • URL