日本基督教団浪花教会 0

ゴシック様式の尖塔窓・黄色や緑色の色ガラスで飾られた外観と、清楚で美しい空間の礼拝堂・聖堂を特徴にもつ、昭和初期のレトロ建築。

  • 0d0e292c-04bf-11e8-aa1f-06326e701dd4.jpeg

オフィス街にまじって多くのレトロ建築が立ち並ぶ大阪・北浜の一角に建つ浪花教会。ゴシック様式の尖塔窓と黄色や緑色の色ガラスで飾られ、意匠性の高い塔屋を持つ地上3階の建物。昭和5年(1930)竣工。明治中期に八幡商業高等学校の英語教師として来日し、キリスト教の伝道とその主義に基づく社会教育、出版、医療、学校教育などの社会貢献活動を続けたウィリアム・メレル・ヴォーリズ(メンソレータムの普及/心斎橋大丸の設計などでも有名)の設計指導のもと竹中工務店が設計施工を行った。浪花教会は明治10年(1877)、11名の信徒らによって自主的に設立された日本初の自給教会「浪花公会」が起源。そのためか、礼拝堂内部は庶民に近い親しみやすさがある。一方、2階の礼拝堂は色ガラスの窓から入り込む光によって明るく優しい色彩が演出され、外観以上に清楚で美しい空間になっている。