上方浮世絵館 0

江戸時代後半の文化・文政期の人気役者絵を中心に収蔵・展示する浮世絵美術館。

  • fb7349fe-04be-11e8-aef0-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    11:00~18:00(入館は17:30まで、ショップは20:00まで)
  • 休日

    月曜日(祝日の場合は翌日)

法善寺西側の角地に建ち、江戸時代後半の文化・文政期の人気役者3代目中村歌右衛門や7代目片岡仁左衛門など役者絵を中心に収蔵・展示する浮世絵美術館。4階建てで1フロアがおよそ60平方メートルとこぢんまりとした美術館内には、収蔵のなかから30点ほどを展示。4階には、浮世絵の製作道具も展示され、休憩コーナーの入り口には黒、柿、萌葱(もえぎ)の歌舞伎の定式幕(じょうしきまく)風ののれん。1階では浮世絵関連の雑貨店を営む。江戸の浮世絵が美化、誇張を特徴にもつものであるのに、上方の浮世絵は写実的で、役者とともに大道具や小道具がしっかり描かれた部分から、往時の暮らしや風俗が偲べるものだという。ほぼ3ヶ月ごとに企画展示を入れ替えるそうだ。

  • 住所

    〒 542-0076 大阪市中央区難波1-6-4
  • アクセス

    近鉄・Osaka Metro四つ橋線・御堂筋線・千日前線「なんば駅」下車、なんばウォーク16号出口徒歩5分
  • 料金

    個人:大人(高校生以上)500円、小中生300円
    身体障害者手帳お持ちの方300円
  • 電話番号

    06-6211-0303
  • Fax

    06-6211-0393
  • 各国語対応

    英語
  • URL