金山古墳 0

珍しい、ひょうたん形をした古墳。

  • aa8e7040-7377-11e8-9a68-0af0cba29dd8.jpeg
  • aa4e431c-7377-11e8-983d-06326e701dd4.jpeg

この「金山古墳」は珍しい「瓢形」。つまり「ひょうたん」の形をした双円墳である。2000年までに発見されている瓢形古墳の中では、日本最大規模のもので、石棺の形式や副葬品などから6~7世紀にかけて築造されたと考えられている。北側にある墳丘には横穴式の石室が見られ、二つの家型石棺が安置されている。古墳の周辺は史跡公園として、整備され憩いの場として親しまれている。



あなたが好きかもしれない