暗峠 (くらがりとうげ) 0

芭蕉も詠んだ暗がりの峠。

    ここは奈良時代から、大阪と奈良を結ぶ一番の近道であった。松尾芭蕉が通ったときには、菊の花が咲きみだれていたという。「菊の香に くらがり登る 節句かな」 芭蕉はここから大阪へ抜け、淀屋橋で亡くなったそうだ。江戸時代には伊勢参りの街道として発展していった。

    • 住所

      〒 579-8031 大阪府東大阪市豊浦町~奈良県生駒市小瀬町
    • アクセス

      近鉄「枚岡駅」より徒歩約40分