葛葉稲荷神社 0

「葛の葉伝説」にまつわる狐が祀られている神社です。

  • c357d1f8-04c2-11e8-94d5-06326e701dd4.jpeg

「葛の葉伝説」にまつわる狐が祀られている神社です。千年余り前、大阪の阿倍野の里に阿倍保名(あべやすな)という男が住んでいました。豪族だった父がだまされて所領を没収されたため、保名は家の再興を願い、信太明神に日参していました。ある日、保名が狩人に追われた白狐を助けたところ、葛の葉と名乗る女性が現れます。やがて保名と葛の葉の間には童子丸(後の陰陽師・安倍晴明)という子が誕生しますが、童子丸が5歳の時、葛の葉の正体が白狐であることがわかってしまいます。葛の葉が障子に書き残した歌「恋しくば 尋ねきてみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉」は、あまりにも有名です。この物語により、同社には子宝を願う人などが多く訪れます。

  • 住所

    〒 594-0081 大阪府和泉市葛の葉町 1丁目11-47
  • アクセス

    JR阪和線「北信太駅」より徒歩約5分
  • 料金

    拝観無料
  • 電話番号

    0725-45-7306
  • Fax

    0725-45-7306
  • URL

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル