万代池公園 0

聖徳太子の魔物退治の伝説がその名に残る万代池。渡り鳥も人間もほっと寛げるのどかな公園。

  • 630ebe72-511c-11e9-8506-06326e701dd4.jpeg
  • 633322a8-511c-11e9-81cd-0af0cba29dd8.jpeg
  • 6307ec1e-511c-11e9-9c19-06326e701dd4.jpeg
  • 6333cdfc-511c-11e9-bd08-0af0cba29dd8.jpeg
  • 631032e8-511c-11e9-9b32-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    入園随時可
  • 休日

    なし

阪堺電気軌道上町線の帝塚山3丁目駅から東へ歩いて数分。周囲約700メートルの万代池を中心に広がる総面積4.3haの公園。昭和2年(1927)に発行された住吉村誌によると、その昔、万代池には不思議な魔物が住み、人々を悩ませていたが、聖徳太子が四天王寺から人を遣わし、お経をあげさせたところ、魔物は現れなくなった。その時、あげた経が曼陀羅(まんだら)経だったことから、当初は曼陀羅池と呼ばれていたが、いつの間にかその名が訛り、萬代池(まんだいいけ)になったという。現在の万代池公園は子供向けの遊具などが置かれ、ラジオ体操やウォーキングなどを楽しむ市民の憩いの場。桜の時期には地元の花見客でにぎわい、冬はやってくる渡り鳥めあてに野鳥ファンが集う。

  • 住所

    〒 558-0055 大阪市住吉区万代3丁目
  • アクセス

    阪堺上町線「帝塚山3丁目駅」より徒歩3分
  • 料金

    無料
  • 電話番号

    06-6691-7200

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル