綿業会館 0

重厚な石作りの外観、贅を尽くしたモダンな内装は、大阪屈指のレトロビル。重要文化財。

  • 営業時間

    10:00~20:00
  • 休日

    日・祝・第3土曜日

昭和初期のこと、大阪は"東洋のマンチェスター"とうたわれた。日本が紡績業でイギリスを抑え、綿製品輸出世界一となった。その賞賛の記念碑的な象徴として、故 岡常夫東洋紡専務の遺言(日本綿業の進歩と発展を図るため)として寄付された100万円と業界からの50万円の寄付により、会員制倶楽部の会館が着工された。大阪の代表的建築家・渡辺 節氏が設計、1931年(昭和6年)竣工された。同時期行われた大阪城再建費用は48万円。この綿業会館がいかに贅を尽くした建築物かが、うかがえる。戦前・戦後にわたって、リットン調査団、ルーズベルト大統領夫人、ヘレンケラー、その他歴代の首相など、歴史上に残る人達が来館。世界各国の様式を取り入れた会館は、優雅かつ荘重な各室の意匠とともに国の重要文化財として、この地で今なお美しい風格を放っている。激動の昭和、戦禍、大震災、すべてをくぐり抜けて、多くの深い遺志を貫きつづける逞しい存在にただただ、脱帽。会員制施設のため、見学は月1回のみ(第4土曜日,有料)。

  • 住所

    〒 541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8
  • アクセス

    地下鉄御堂筋線「本町」駅1・3号出口 徒歩5分
    地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅17・12号出口 徒歩5分
  • 料金

    第1部(11:00〜)見学・昼食付2,500円
    第2部(14:30〜)見学のみ500円
    *要予約(第4土曜開催)
  • 電話番号

    06-6231-4881
  • Fax

    06-6231-4940
  • URL