美具久留御魂神社 0

「みぐくるみたま」という名は、「水泳御魂(みくくるみたま)」、つまり水を司り、山からの水を土地に配分する神を祭るということに由来しています。創建は崇神天皇、祭神は大国主命です。

  • cbe0b880-04c2-11e8-8e3e-06326e701dd4.jpeg

「みぐくるみたま」という名は、「水泳御魂(みくくるみたま)」、つまり水を司り、山からの水を土地に配分する神を祭るということに由来しています。創建は崇神天皇、祭神は大国主命です。神社の本殿の裏山には4基からなる古墳群があり、神体山となっています。御山の中腹に鎮座する本殿へは階段と参拝道が設けられています。下拝殿・上拝殿があり、どちらからも参拝出来るようになっています。 下拝殿横から続いている一の宮参拝道は、本殿を囲む形で設けられており、榊の御神木に併せて方角の先々に鎮座する一の宮の遥拝所が設けられています。 楠木氏は上水分社<建水分神社 千早赤阪村鎮座>と共に美具久留御魂神社を下水分社と称し氏神として信仰し、神領寄進や社殿造営を行っています。

  • 住所

    〒 584-0011 大阪府富田林市宮町3丁目2053
  • アクセス

    近鉄長野線「喜志駅」より徒歩15分
  • 電話番号

    0721-23-3007
  • Fax

    0721-23-6795

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル