難波八阪神社 0

現在の社殿は戦後に再建されたもので、巨大な獅子頭をかたどった高さ12m、幅11m、奥行10mの絵馬殿が特に目を引きます。大阪市で初めての無形民俗文化財に指定されました。

  • 4cb1f764-f917-11e8-8a37-06326e701dd4.jpeg
  • 休日

    無休

古来「難波下の宮」と称し、難波一帯の産土神として信仰を集め、かつては七堂伽藍、子院十二坊を有する繁栄ぶりでしたが、兵火に遭い衰退しました。明治維新後、神仏分離で寺は廃絶し、昭和20年(1945)の空襲で社殿も焼失しました。現在の社殿は戦後に再建されたものです。巨大な獅子頭をかたどった高さ12m、幅11m、奥行10mの絵馬殿が特に目を引きます。毎年1月第3日曜日に行われる綱引神事は、祭神の素戔鳴尊(すさのをのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、民の困苦を除いたという故事に基づいて始められたものです。平成13年(2001)度、大阪市で初めての無形民俗文化財に指定されました。

  • 住所

    〒 556-0016 大阪市浪速区元町2-9-19
  • アクセス

    各線「なんば駅」より徒歩6分
  • 料金

    拝観無料
  • 電話番号

    06-6641-1149
  • Fax

    06-6641-1182
  • URL

>