国立文楽劇場 0

世界無形遺産にも指定された、日本独自の伝統芸能「文楽」を観劇できる劇場。

  • 811faaa2-04bf-11e8-b267-06326e701dd4.jpeg
  • 812e221c-04bf-11e8-acf2-06326e701dd4.jpeg
  • 8135e402-04bf-11e8-884d-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    演目により異なる 展示室/10:00~18:00
  • 休日

    月1回不定期

Osaka Metro堺筋線・千日前線「日本橋駅」より徒歩1分。総席数753席の文楽劇場と、総席数159席の小ホールがあり、文楽のほか、舞踊、邦楽、大衆芸能など、さまざまな公演を行っている。1階にはレストラン「文楽茶寮」、2階には売店が設けられている。また、3階の図書閲覧室では、文楽関係の図書の閲覧も可能。文楽は音楽的な曲節をもって劇曲的な内容を物語る「浄瑠璃」(じょうるり)と、それを演奏する弦楽器の「三味線」によってストーリーが展開される。人形は大きく精巧で、浄瑠璃と三味線に合わせてカラクリ仕掛けで喜怒哀楽の表現をする。それを操るのが「人形遣い」。舞台上で自らの姿を隠すことなく、三人がかりで一体の人形を動かす「三人遣い」は、世界的にも珍しいとされる。文楽人形浄瑠璃は、江戸時代初期には全国的に上演されていたが、浄瑠璃の竹本義太夫と作者の近松門左衛門という2人の天才の協力で、大阪がいつしか「本場」の地位を確立し、現在に至っている。

  • 住所

    〒 542-0073 大阪市中央区日本橋1-12-10
  • アクセス

    Osaka Metro堺筋線・千日前線「日本橋駅」より徒歩1分
  • 料金

    各公演により異なる(展示室は無料)
  • 電話番号

    06-6212-2531
  • Fax

    06-6212-1091
  • 見学案内

    イヤホンガイドあり
  • 各国語対応

    英語
  • URL