大阪くらしの今昔館 0

江戸時代後期の大坂の町並みの一画を完全に復元しているほか、明治・大正・昭和の町と住まいの様子も展示・紹介している。

  • afe47250-04bf-11e8-af7f-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休日

    火曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(日・月曜日を除く)、第3月曜日(祝日・振替休日の場合はその週の水曜日)、年末年始(12/29~1/2)、臨時休館有

北区天神橋6丁目の天神橋筋商店街に面した、大阪市立住まい情報センタービル内にある「大阪くらしの今昔館」。江戸時代から明治・大正・昭和の大阪の町と住まいの移り変わりが体験できる、住まいのミュージアムである。最大の見どころは、江戸時代後期、天保のころ(1830~1844)の「大坂」を完全に復元した町並みと、そこで時間帯によって町の様子が変化する仕掛け。季節によって、テーマごとの飾りの模様替えも行われ、なかなかの見応えだ。ハモ飯など料理の再現や、市民が持ち寄ったお宝展、座敷で楽しむ上方の古典芸能など、さまざまなイベントも。「町家衆」と名乗るボランティアガイドの案内もある。

  • 住所

    〒 530-0041 大阪市北区天神橋6-4-20 大阪市立住まい情報センター内
  • アクセス

    地下鉄谷町線・堺筋線、阪急「天神橋筋六丁目駅」下車すぐ
  • 料金

    大人600円、高大生300円、中学生以下・市内在住65歳以上無料
  • 所要時間

    60分
  • 電話番号

    06-6242-1170
  • Fax

    06-6354-8601
  • URL