大阪欄間彫刻 0

大阪に伝わった欄間は、府内の寺社からの高度な要求にも対応できる、伝統技法が発展させていった。

  • 営業時間

    要問合せ
  • 休日

    盆期間、年末年始 *要問合せ

欄間はもともと京都が産地だったが、一般への普及に伴い、木材取引が多く行われている大阪に伝わり広まった。また、大阪府内の神社や四天王寺などからの高度な要求に対応するために、伝統技法が次々と発展していくこととなった。特に関西では、彫刻欄間・筬欄間・透彫欄間などが、杉や檜の木で作られている。現在では、マンション向けの若い世代に好まれるシンプルな物を新作として取り入れ、時代のニーズに合ったものも意欲的に制作している。なお、見学には組合への電話予約が必要。組合で見学するのではなく、希望の日に合わせて見学できる店舗を探してくれるというシステム。だから、都合によっては見学できない日もあるので、要注意。定員:2-5名(*小学4年生以上。6~20名迄の場合、大阪くらしの今昔館で開催。)外国語対応:通訳同伴要

  • 住所

    〒 吹田市岸部北5-30-1
  • 料金

    便利板・コースター 1,500円/1名
    ミニ彫刻額・ミニ壁掛け 3,000円/1名
    4号額の彫刻・家紋彫刻・表札 10,000円/1名
    *すまいのミュージアムで開催の場合、入館料別途要
  • 所要時間

    目的により異なる
  • 電話番号

    06-6387-3462
  • Fax

    06-6387-7171
  • 見学案内

    要事前予約(体験日の20日前迄申込受付)
  • URL

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル

>