滝畑ふるさと文化財の森センター 0

ダムのほとりに残る滝畑地区の歴史。

  • 0f2c6b00-0b14-11e8-9304-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    9:00~17:00(4~11月)
    10:00~16:00(12~3月)
  • 休日

    毎週月曜日、休日の翌日、年末年始(12/29~1/3)、臨時休館の場合あり要確認

昭和56年に滝畑地区にダムが建設され、ダムによって水没することになった滝畑地区の、民俗・美術工芸・民家建築などの多くの文化財を保存、展示しているのがここ河内長野市立滝畑民俗資料館。滝畑地区の民家は、府下の他の地域には見られない「妻入横割型」(つまいりよこわりがた)の間取りが特徴で、敷地内に民家棟として家の内部を、お風呂や囲炉裏などと共に公開している。その他、河内長野市指定有形文化財の鉄製湯釜がある展示室や、明暦から寛政年間までの約130年にわたって建立されていた、不食供養碑(ふじきくようひ)が展示室の横に保存されている。

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル



あなたが好きかもしれない