伝王仁墓 0

百済出身の偉大な学問の祖・王仁が眠る地。韓国風の休憩所では夏期、ムクゲが咲き誇る。

    「なにはづに さくやこの花 ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな(古今和歌集)」と詠んだ王仁(わに)の墓と伝えられる。大阪府の指定史跡。王仁は5世紀初め頃、応神天皇の時代に朝鮮半島の百済から渡来し、応神天皇の皇子である莵道稚朗子(うじのわけいらつこ)に学問を教えた学者で、日本に論語と千字文をもたらしたともいわれる伝説の人物。日本書紀では王仁、古事記では和邇吉師(わにきし)と表記されている。伝王仁墓の南側には、朱塗りの柱と瓦が百済の雰囲気を漂わせる韓国風の休憩所が設けられていて、夏から秋にかけて、韓国の国花・ムクゲが美しい。近年は、韓国から観光や修学旅行で訪れる人も多い。

    • 住所

      〒 573-0153 大阪府枚方市藤阪東町2
    • アクセス

      JR学研都市線「長尾駅」下車 徒歩15分
    • 電話番号

      「王仁塚の環境を守る会」事務局 072-859-2716
    • Fax

      072-859-2716
    • URL