野中寺 0

「河内三太子」のひとつに数えられ、飛鳥時代に建立された聖徳太子ゆかりの寺です。

  • d16bafbc-04c2-11e8-95db-06326e701dd4.jpeg

飛鳥時代、聖徳太子が蘇我馬子の助力を得て建立したと伝えられる寺です。別名「中の太子」とも呼ばれ、太子町・叡福寺の「上の太子」、八尾市・大聖勝軍寺の「下の太子」とならぶ「河内三太子」のひとつです。飛鳥時代の創建伽藍は南北朝時代の兵火で焼失しますが、その金堂跡・塔跡・中門跡・講堂跡は、国の史跡指定を受けて保存されています。現在の諸堂は、江戸時代初期に再建されたものです。又、白鳳期の弥勒菩薩半跏像と平安中期の地蔵菩薩像は、ともに重要文化財の指定を受け、毎月18日の午前9時30分より午後4時まで特別拝観というかたちで公開されています。

  • 住所

    〒 583-0871 大阪府羽曳野市野々上5丁目9-24
  • アクセス

    近鉄南大阪線「藤井寺駅」より「野々上」バス停下車
  • 料金

    仏像拝観 300円
  • 電話番号

    072-953-2248

周辺観光施設

周辺飲食

周辺ホテル