湯木美術館 0

日本料理「吉兆」の創業者・湯木貞一氏が収集した茶道具を中心に、茶懐石の器や古美術品などを収蔵・展示。

  • 03bff314-51ee-11e9-a827-06326e701dd4.jpeg
  • 営業時間

    10:00~16:30(入館は16:00まで、開館期間中、第1金曜日のみ19:00まで開館)
  • 休日

    月曜日(祝日の場合、翌日休館)、展示替期間

日本料理店「吉兆」の創業者・湯木貞一氏が50年余りにわたって収集した茶道具を中心に、茶懐石の器や古美術品などを収蔵・展示する美術館。御堂筋から平野町に入ったところ、吉兆平野店の跡地に建てられたビル内に、昭和62年(1987)開館。「石山切」「高野切」「大燈国師墨跡」「春日宮曼茶羅」「唐物茄子茶入(紹鴎茄子・みほつくし茄子)」「志野茶碗 銘広沢」「織部四方手鉢」などの重要文化財12点のほか、主に奈良時代から江戸時代にわたる優品を蔵している。年3~4回企画展示を開催。

  • 住所

    〒 541-0046 大阪市中央区平野町3-3-9
  • アクセス

    Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩5分
  • 料金

    大人700円、大学生400円、高校生300円
  • 所要時間

    60分
  • 電話番号

    06-6203-0188
  • Fax

    06-6203-1080
  • URL