Loading...
MENU

観光スポット・体験

神峯山寺

日本で最初に毘沙門天が安置された霊場として、三体の毘沙門天が本尊として祀られています。秋は二十種、三百本の紅葉が鮮やかに色づく名所です。

高槻市の山間に位置する根本山神峯山寺(かぶさんじ)。697年、役行者により開山されました。日本で最初に毘沙門天が安置された霊場として、三体の毘沙門天が本尊として祀られています。774年開成皇子が仏教寺院として中興し、創建当初は天皇の勅願所として、比叡山や葛城山と並ぶ七高山の一つに数えられていました。鎌倉時代~戦国時代にかけては、足利家・豊臣家・徳川家より武神が鎮座する地として保護を受け、時代には多くの大坂商人が淀川を上がり巡礼され、現在も「毘沙門不動護摩」として毎日欠かさず祈願と厄除の護摩行を行い、”祈り”を絶やさぬ寺院としてあり続けています。また、自然豊かな山に囲まれ、春は新緑、秋は紅葉の名所としても知られています。

基本情報

  • レストラン
  • 駐車場
営業時間
9:00~17:00
休日
無休
料金
無料(紅葉期間のみ環境保全費300円)
アクセス
車・・・新名神高速道路・高槻ICより約7km(約10分)
電車・バス・・・JR「高槻駅」下車、
北口ロータリーより市バス「53原大橋」行きに乗車し、
「神峰山口」バス停下車 東へ徒歩約1.3km
住所
〒 569-1051 大阪府高槻市原3301-1
電話番号
072-688-0788
Fax
072-680-2133
URL
http://www.kabusan.or.jp/
その他
毎日「毘沙門不動護摩」、毎月8日「毘沙門会」、
毎月18日「観音会」、11月23日秋の大祭

関連情報

    一覧に戻る
    一覧に戻る