Loading...
MENU

観光スポット・体験

新幹線公園

1969年製造の新幹線先頭車両の1号車と、1954年製造の電気機関車が展示され、車内や運転席にも入ることができる。春には、近くの桜トンネルが花見客で賑わう。

基本情報

安威川(あいがわ)とJR貨物ターミナルとの間の安威川堤防上にあり、新幹線車両と電気機関車が展示されている新幹線公園。レールに停泊している新幹線の車両は、昭和44年(1969)製造・16両編成の先頭車両の1号車として、昭和59年(1984)10月27日まで、東京・新大阪・博多間を約532万km走り引退の後、この新幹線公園へ。電気機関車は、戦後の代表的な機関車で最も多く製造されたうちのひとつ。昭和29年(1954)製造、東海道本線/高崎線で貨物用として働き、昭和58年(1983)に廃車されるまでの約12年間、阪和線・紀勢線で紀州特産のみかん輸送などに活躍していた。毎月第2・第4日曜日/一日2回:午前10:00~12:00時までと午後2:00~4:00時まではいずれも車内と運転席に入ることもできる。また、中央環状線と新幹線公園の間の約400mは、春になると、桜のトンネルができ、多くの人でにぎわうことで有名。

  • 住所

    摂津市安威川南町 新幹線鳥飼基地北側
  • 所要時間

    20分
  • 電話番号

    06-6383-1591(摂津市土木下水道部・公園みどり課)
  • 営業時間

    内部公開は 毎月第2・4日曜日10:00~12:00、14:00~16:00
  • 料金

    無料
  • アクセス

    大阪モノレール「南摂津駅」より徒歩20分
  • URL

    http://www.city.settsu.osaka.jp/kurashi/kouensuiro/kouen/3719.html

関連情報

    一覧に戻る
    一覧に戻る